40bd9de54e8480759ba651789d874417_s

ハイヒール、ブーツ、革靴、安全靴、作業靴などは水虫(爪水虫)の時におすすめできない靴たちです。

というのも、水虫(爪水虫)の原因は白癬菌というカビの一種であり、高温多湿を好みます。

水虫(爪水虫)の時はなるべく足を乾燥させてあげることが大切なんです。

ハイヒールの場合は、重心が指先に集まりますので、指と指の間がなくなり湿りやすくなります。

ブーツの場合は、通気性が悪く冬でも温かいので白癬菌にとってはとても活動しやすい場となります。

革靴を一日履いているサラリーマンも気づかぬうちに足に汗をかいているケースが多いです。

安全靴や作業靴でも汗はかきますし、そもそも水を使った作業をする方の場合も乾燥が必要です。

こまめに休憩中に足を拭いたりしてキレイにしましょう。

6d835560da2bc2b56f6ceafc4302155d_s

オフィスワークの場合は、社内ではサンダルなどをはいて通気性を良くして、足が乾燥する状態をつくることにより、白癬菌は活動しにくくなり水虫(爪水虫)が治りやすくなります。

サンダルの場合、健康サンダルのようなイボイボが付いているもので、足の裏にタコができてしまうケースがあります。

ゴシゴシ洗っていると逆に水虫(爪水虫)になりやすい!?」でもお話した通りで、こういった傷により白癬菌が角質層に入りやすくなってしまい、水虫(爪水虫)の悪化が予測されるケースもあるので、気を付けましょう。

f28d7d04e930d51f7c993ded57d663fc_s

また、足の乾燥と共に靴自体も乾燥させるように心がけましょう。

水虫(爪水虫)の時の履物は1足を毎日履くのではなく、2~3足をローテーションで履きまわして、なるべく靴が乾燥する状態を作るのも効果的です。

こういったことから靴下も一日に何回か履きかえることをおすすめします。

靴下は通気性が良く蒸れにくいシルクや綿のものにするのも良いでしょう。

5%e6%9c%ac%e6%8c%87%e3%82%bd%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

おすすめの靴下は「5本指ソックス」です。

5本指ソックスは指と指の間を湿らせないし、指自体を離れさせているので白癬菌がうつりにくくなるので水虫(爪水虫)時に適している靴下です。

自宅にいる時は、ペディキュアを塗る際に付けるトゥセパレーターもこういった意味で効果的です。

白癬菌はカビの一種なので湿っている環境では活発に活動をしていくので、白癬菌が嫌がる乾燥した状況を生活で増やしていくってことがとても重要なことになります。