ed27beab7a9c23010a60545025dc10b9_s

爪水虫とは、水虫と同じ白癬菌が爪の中に入ってしまっている状態のことです。

爪水虫の治療には内服薬と塗り薬がありますが、今回は内服薬について詳しくお話していきたいと思います。

爪水虫の内服薬は「ラミシール」と「イトリゾール」の2種類があります。

それぞれの特徴や副作用についてお話します。

ラミシールの場合

ラミシールは爪水虫の白癬菌の増殖を抑え殺菌作用がある薬です。

デメリットとして肝臓が正常に機能していないと副作用が発生します。

なので、服用するには定期的に血液検査が必要となります。

イトリゾールの場合

イトリゾールは細胞膜で物質が合成するのを邪魔をして、白癬菌を殺菌する作用がある薬です。

イトリゾールは爪水虫だけでなく他の病気でも使用されています。

また服用スパンが1週間続けて、3週間休むといったサイクルを繰り返すのが特徴です。

ラミシールと違い、イトリゾールの場合は、血液検査は必要ありませんが、初診では血液検査は行われます。

空腹時に飲んでも半分も吸収されないので、食後に飲む薬です。

普通の水虫と爪水虫は治療方法が違う!?

普通の水虫の場合は、塗り薬で治る可能性が高いです。しかし、爪水虫の場合は爪の内部に白癬菌が潜んでいる状況なので、塗り薬でも爪の内部まで浸透しない可能性があるので、飲み薬が推奨されることが多いです。

最近では、浸透力の強い塗り薬も発売されていることから、程度によっては塗り薬で完治している人たちもたくさんいますが、重度の場合は飲み薬のが良いでしょう。

どちらにせよ、早期発見、早期治療をしていただくことが無難です。

「ラミシール」と「イトリゾール」の副作用

結論から伝えると「ラミシール」と「イトリゾール」両者とも副作用があります。

初診で血液検査をするのは肝臓がちゃんと機能しいているのかどうかを調べるためで、肝臓が悪い人は飲み薬は服用できません。

こういったことから、やはり早めに治療に入ることがおすすめです。